採光が必要な時

採光が必要な時、中庭にしたらどの部屋にも光が降りそそぎとても気持ちの良い空間ができます。
「個」と「集」をつなぐ手法として「吹き抜け」「中庭」「半戸外のアウトドアルーム」「サンルーム+縁側」等があります。
もちろんこれ以外にもキッチンの形式などの考え方も大切です。
これらに共通するのは“空間と空間がやわらかく自由につながる”という感覚です。
家族の気配が感じられる距離感を空間がつくるのです。
今までの間取りは単に部屋数だけを確保し、壁で囲い、空間を遮断していました。機能や便利さだけの満足感だけでなく、間取りには豊かさをつくる遊びのスペースが大事なのです。平屋の住宅間取りを考える時にはぜひこの考え方を導入してほしいと思います。
タグ:採光 必要
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。